源泉徴収票は転職先に提出しないといけない?

c72df4bf5a4447a4eaee15f5ee2ccb23_s.jpg
源泉徴収票は転職したら、転職先に提出しないといけないのでしょうか?提出するで転職先で年末調整をやってもらえる反面、前の会社の給料を知られるのはちょっとイヤだったりしますよね。転職先への源泉徴収票の提出について書いていきます。

スポンサーリンク




源泉徴収票は転職先に提出するのが原則

bd839144101d1dbb409bc803fd36c90e_s.jpg
源泉徴収票は転職先に提出するのが原則となっています。理由は、前職との給料と合わせて転職先が年末調整をして源泉徴収票を作るからです。前職で100万、転職先で300万円もらったら、400万円の源泉徴収票を作るのです。そのためには前職の源泉徴収票の提出が必要です。

源泉徴収票は転職先に提出しなくても税金上は問題なし

aa76f41b18ec4d831b5db4ab472225e5_s.jpg
源泉徴収票は転職先に提出するのが原則ですが、実は提出しなくても税金上の問題はありません。税務署としては、払うべき税金を税務署にしっかり払ってくれればそれでいいからです。ただ、転職先に源泉徴収票を提出しないと、手続きがちょっと面倒です

スポンサーリンク




確定申告しないといけなくなる

転職先に前職の源泉徴収票を提出しないということは、前職と転職先の2枚の源泉徴収票が手もとにあることになります。この場合、転職先の年末調整で税金が正しく計算できないため、確定申告で税金を精算しないといけません

確定申告してもいいなら提出しないのもアリ

上記のとおり、転職先に源泉徴収票を提出しないと確定申告をしないといけません。でも、確定申告が苦でないならあえて転職先に源泉徴収票を提出しなくてもいいです。前職の源泉徴収票には、会社名や給与や退職日が記載されています。知られたくないのであれば、「確定申告するので前職の源泉徴収票は提出しません」と転職先に伝えましょう。

源泉徴収票の転職先への提出、まとめ

源泉徴収票は転職先に原則として提出するものです。でも、知られたくない情報がある場合はあえて提出しないで確定申告をする方法もアリなので、ご自身で判断してくださいね。