源泉徴収票の支払金額が合わないんだけど、なんで?

「源泉徴収票の支払金額が合わない・・・」と源泉徴収票と給与明細をにらめっこした人からよく聞く心の声です。支払金額の中に入れる数字と入れない数字があるため、「合わない」のです。そのワケを説明していきます。

スポンサーリンク



源泉徴収票の支払金額が合わない原因、「非課税項目」

d826644dce48eb0a7093f0caafbec372_s.jpg
源泉徴収票の支払金額が合わないのは、支払金額に含めない「非課税項目」があるためです。支払金額に含めるのは所得税の課税対象となるものだけなので、非課税とされているものは支払金額には含めません。

スポンサーリンク



支払金額に入れない非課税項目とは?

支払金額に入れないものでポピュラーなのは、「通勤手当」と「出張旅費」です。実費を会社が負担しているだけだからです。ただ、車通勤の場合の通勤手当は、車移動の距離に応じて非課税枠が決まっているので、全額が非課税にならない人もいます。

立替金も支払金額には入れない

例えば、会社で使う備品を一旦個人で立て替えて後から会社に請求する場合、給与といっしょに振り込まれることもありますよね。こんな場合の備品代も源泉徴収票の支払金額には載りません。単なる立て替えで所得税が課税されたら激怒でしょう(笑)。

源泉徴収票の支払金額が合わない原因、「支給時期」

4ce1310eba874b9c213a0c05f094bd55_s.jpg
源泉徴収票の支払金額が合わない理由は、もう一つ考えられます。それは支給時期です。例えば、平成28年分の源泉徴収票の支払金額に記載されているのは、平成28年中に支給された給与と賞与です。

スポンサーリンク




ここで注意が必要なのが支給時期です。例えば、月末締め翌月25日支給の会社の場合、平成28年12月分の給与は平成29年1月支給です。平成28年分の源泉徴収票の支払金額には載りません。平成27年12月分〜平成28年11月分が支払金額の計算根拠となりますので、ズレに注意してくださいね。

源泉徴収票の支払金額が合わない理由、まとめ

源泉徴収票の支払金額が合わないと思うのは、ほとんどの場合が通勤手当や立替金を含めてしまっているからです。合わないのが気になって仕方ない場合は、経理の人に支払金額の計算根拠を尋ねましょう!