退職者の源泉徴収票にはマイナンバーは載る?

退職者の源泉徴収票にはマイナンバーは載っているのでしょうか?平成28年の源泉徴収票からマイナンバー制度が始まったため、気になるところです。退職者からは「源泉徴収票にマイナンバーが載っていない」という声も聞こえます。実際のところ、どうなのでしょうか?

スポンサーリンク




退職者の源泉徴収票、マイナンバーは受給者用には記載なし

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s.jpg
退職者がもらう源泉徴収票には、マイナンバーは記載されていません。1月から退職まで期間の給料は「給与所得の源泉徴収票」、退職金は「退職所得の源泉徴収票」です。どちらにもマイナンバーが載っていません。

受給者の源泉徴収票(給与所得)

平成28年分の給与所得の源泉徴収票は、平成27年以前の様式から2倍にサイズアップしました。受給者用の源泉徴収票にはマイナンバーの記載はありません。
源泉数字あり のコピー.png

受給者の源泉徴収票(退職所得)

平成28年分の退職の源泉徴収票は、給与と違ってサイズは従来と同じです。こちらも源泉徴収票にはマイナンバーが載っていません。
退職源泉名前勤続 のコピー 5.png

どちらもマイナンバーの欄が斜線で消されている

受給者用の源泉徴収票をよく見てみると、斜線で消されている欄が結構あります。下記画像ではオレンジ枠で囲った部分です。ここにマイナンバーの秘密があります。
↓給与
源泉数字ありオレンジ枠.png
↓退職
退職源泉名前勤続オレンジ枠.png

スポンサーリンク




退職者の源泉徴収票、マイナンバーは税務署提出用には記載あり

退職者の源泉徴収票、マイナンバーを記載するのは実は税務署提出用だけなのです。税務署提出用には、本人や家族や会社のマイナンバーがばっちり記載されます。給与も退職もです。マイナンバーは行政利用のみに限定されている現行の法律では、行政に関係ない受給者用には記載できないのです。
↓税務署提出用(給与)
給与源泉税務署数字入り.png
↓税務署提出用(退職)
退職源泉税務署数字あり.png

退職者の源泉徴収票「マイナンバー」、まとめ

退職者の源泉徴収票には、マイナンバーの記載があるものとないものがあるというお話でした。自分の源泉徴収票にマイナンバーが載っていなくても心配しないでくださいね。