源泉徴収票の再発行は税務署で対応してくれる?

72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s.jpg
源泉徴収票の再発行は税務署で対応してくれるのでしょうか?確定申告などの税金の手続きは税務署で行うので、源泉徴収票の再発行だってやってくれてもよさそうなものです。実際のところはどうなのでしょう。

スポンサーリンク




源泉徴収票の再発行は税務署ではできない

651bfe11cde017a69cba75291aea6bb2_s.jpg
源泉徴収票の再発行は税務署ではできません。なぜなら、「給与支払者が源泉徴収票の発行をする」と所得税法で定められているからです。税務署が給料を支給しているわけではありませんから、発行も再発行もできないのです

再発行できないけど源泉徴収票は税務署にもある

db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s.jpg
源泉徴収票の再発行を税務署がすることはできません。でも、源泉徴収票自体は税務署に提出されていることもあります。

会社は受給者用と税務署用の2枚の源泉徴収票を作成している

給与支給者である会社は、源泉徴収票を2枚作成しています。受給者(従業員)用と税務署用です。記載内容はほぼいっしょですが、税務署用には受給者や家族や会社のマイナンバーが記載されています。
↓税務署用の源泉徴収票(国税庁HP資料を加工)
税務署提出.png
↓受給者用の源泉徴収票(国税庁HP資料を加工)
受給者.png

スポンサーリンク




税務署用の源泉徴収票は条件を満たすときに提出する

税務署用の源泉徴収票は必ず税務署に提出するわけではありません。次の条件を満たしたときに提出します。税務署に提出しない場合の税務署用は破棄されます。
1.給与所得の源泉徴収票
・会社役員で年収150万円超
・弁護士や司法書士等の専門職で年収250万円超
・一般社員で年収500万円超
2.退職所得の源泉徴収票
・会社役員(一般社員は提出しない)
ほとんどの人が一般社員だと思いますので、年収500万円超だと源泉徴収票が税務署に提出されています。

源泉徴収票の再発行は税務署での相談価値あり!?

源泉徴収票の再発行は税務署でできませんが、年収500万円超なら税務署用の源泉徴収票が保管されています。だとすれば、会社との関係が悪くて再発行に応じてもらえない場合、年収500万円超の人なら税務署に相談すれば記載内容は教えてもらえるかもしれません。仮に教えてもらってもコピーや写真撮影はできないのでご注意ください。

源泉徴収票の再発行の税務署の対応、まとめ

源泉徴収票の再発行は税務署でするものでなく、会社でするものです。しかし、源泉徴収票が税務署に提出されていることもあるので、会社が再発行に応じてくれないときは税務署に相談するのも一つの方法でしょう。