源泉徴収票の作成を代行してもらう方法

f8612c69127fcc702176f5a3ad0efc6d_s.jpg
源泉徴収票の作成を代行は「だれが」「いくら」でやるのか、わからないことも多いかと思います。自分のだけだったり人数が少なければ、手書きやエクセルでなんとかしてしまうところですが、手間や正確性を考えると源泉徴収票の作成を外注することも多いです。作成代行の相手と報酬について書いていきます。

スポンサーリンク




源泉徴収票の作成の代行依頼先は税理士が多い

ダウンロード (3).png
源泉徴収票の作成を代行する仕事を最も多くやっているのは税理士事務所です。会社経営には税金の手続きが毎年あるため、多くの会社が顧問税理士を付けています。税理士事務所に源泉徴収票の作成の代行を依頼する方法としては次の2つです。

毎月の給与計算の延長で源泉徴収票も作成する

従業員の数が多かったりすると、毎月の給与計算を税理士に代行させることもあります。給与計算とは、労働時間や残業時間などのデータを渡して給与明細を作成してもらう事務をいいます。この場合は、年末調整も税理士事務所に代行するので、源泉徴収票もそこで作成してもらいます。毎月数万円の費用負担が生じます。

年末調整だけ税理士に依頼する

家族経営や給与計算は自社で行う会社は、年末調整時に税理士事務所に源泉徴収票の作成代行してもらうことが多いです。給与データや保険料控除証明書など一式を税理士事務所に渡して、年末調整の作業全体を代行してもらうイメージです。年末調整のときだけ数万円の必要がかかります。

源泉徴収票の作成の代行依頼先は社会保険労務士も多い

ダウンロード (4).png
↑社会保険労務士会HPより
源泉徴収票の作成を代行する仕事は、社会保険労務士事務所も多くやっています。従業員の出入りや給与の増減が大きい会社だと、社会保険の手続きが大量に発生するので、顧問社会保険労務士を付けていることが多いのです。毎月の給与計算を社会保険労務士が代行するパターンなので、源泉徴収票の作成まで社会保険労務士がやります。厳密には、年末調整は税金の手続きなので、税理士事務所と一体の社会保険労務士事務所が多いです。

源泉徴収票の作成代行、個人でも依頼できる?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s.jpg
源泉徴収票の作成代行を、会社経営者以外から依頼することはできるのでしょうか?例えば、会社を退職した後に源泉徴収票を紛失したけど前の会社には頼みにくい場合です。このケースは、税理士などに作成代行を依頼することはできません。源泉徴収票はあくまで会社が作成するものですから、受給者が作成代行をお願いしてもできないのです。

源泉徴収票の作成代行、まとめ

源泉徴収票の作成代行のメインは税理士事務所です。代行を依頼するのは給与を払う会社だけなので、受給者が源泉徴収票の作成をお願いしても受け付けてもらえませんのでご注意ください。